ヒアロディープパッチの使い方|ニードル効果を最大限に発揮するコツは?

ヒアロディープパッチ 使い方

 

ヒアルロン酸でできたニードル(針)のパッチをシワが気になる部分に貼るだけでケアができると話題の「ヒアロディープパッチ」

 

特に40代から50代の女性に支持されている商品です。

 

自社調べでは、8秒に1枚売れている今とても話題になっているアイテムの1つです。

 

 

どんな化粧品もそうですが、使い方を間違ってしまうと効果が半減してしまったりしますよね。

 

ヒアロディープパッチも、貼り方を間違えて効果が出にくかったら嫌だなと思ってしまいます。

 

 

では、ヒアロディープパッチがより効果的になる使い方ってあるんでしょうか?

 

こちらの記事では、よりシワへの効果を発揮するヒアロディープパッチの使い方についてご紹介しています。

 

 

ヒアロディープパッチを貼るタイミングはいつがいい?

 

ヒアロディープパッチをより効果的に実感するためには、貼るタイミングも重要になります。

 

 

1番効果的なのは、寝る直前に気になる部分に貼ることです。

 

 

なぜなら、人間は寝ている間に成長ホルモンが分泌され、肌の生まれ変わりを促進してくれます。

 

細胞が分裂する睡眠の時間に、ヒアルロン酸の成分がしっかりとお肌に入っているとより効果を実感しやすくなるんですね。

 

 

それだけではありません。

 

 

ヒアロディープパッチは、シワが気になる部分に張りますが、目尻や法令線などは表情の動きなのでパッチが取れやすくなります。

 

起きている間に貼ってしまうと、パッチが取れてしまったりすると言う声も上がっているんですね。

 

そういうわけで、貼るタイミングは寝る直前が1番効果的です。

 

 

ヒアロディープパッチの効果的な使い方

 

1番シワが気になっている部分に、パッチの真ん中にあるニードルが当たるように貼ります。

 

ヒアロディープパッチ 使い方

 

矢印の真ん中の部分です。

 

ヒアロディープパッチ 使い方

 

 

テープの部分全体に、ヒアルロン酸の成分が行き届きますが、より中央のニードルがある部分の方がダイレクトにお肌に届きます

 

しっかり鏡で自分の気になっている姿を確認し、そこにぴったりとくるように貼っていきましょう。

 

ヒアロディープパッチ 使い方

 

 

ヒアロディープパッチの貼り方で注意すべき点

 

ヒアロディープパッチを貼るときに気をつけてほしいことが3つあります。

 

  • 重いクリームなどで肌表面がべたつきすぎていないかどうか
  • 手の油分はしっかりと拭き取られているかどうか
  • 貼る場所を間違え、何度も貼り直していないかどうか

 

このような3点を注意する必要があります。

 

 

重いクリームなどで表面がべたつきすぎていないかどうか

 

ヒアロディープパッチ 使い方

 

ヒアロディープパッチを使う前は、スキンケアでお肌を整えますが、油分が多い乳液やクリームをたっぷりつけてしまっていると、ヒアロディープパッチがきれいに張り付かない場合があります。

 

スキンケアをしてから、ある程度時間を置いてから貼るか、軽くティッシュでオフしてから貼るようにしてください。

 

 

手の油分はしっかり拭き取られているかどうか

 

パッチを手で剥がす時に、手が油分でベタベタしているとその部分の粘着力が弱くなる場合があります。

 

バッチを手に取る前には、手の油分をしっかり拭き取った状態で使うようにしましょう

 

 

貼る場所を間違えて何度も貼り直していないか

 

貼る場所を間違えてしまったからといって、何度も貼り直しをしているうちに粘着力がなくなり、くっつかなくなってしまいます。

 

そのためにある程度場所をしっかり見極めて、一気に貼らず、少しずつ修正しながら貼っていくのがコツです。

 

 

このような点に気をつけてヒアロディープパッチを押しをしていくとより効果を実感することができます。

 

あなたもヒアロディープパッチの効果を最大限実感できるよう、このような使い方を実践してみてくださいね!